COMPANY企業情報

関西事業所(大阪)

関西事業所は、1989年の開設以来、地元に根差した企業様と幅広くお付き合いをさせて頂いています。
エンドユーザー企業様との直接取引経験が多い、というポイントも当事業所の強みです。
お客様の幅広いご要望にお応えするために、当社の持つノウハウとNTTデータグループ全体のノウハウを最大限に活用し課題解決に取り組んでいます。
また案件特性によっては、東京・名古屋・九州の各拠点や、各グループ会社との連携により、1事業部、1事業所の枠を超えた対応を実現しています。
関西では、2025年の大阪万博開催に向けて、今後も市場の発展が予想されており、当事業所もさらなる地場の発展に寄与していきます。
迅速・高品質をモットーに、これからもお客様の期待に応えられるよう日々努力して参ります。

関西事業所の組織と注力領域

関西事業所
営業担当
ビッグデータビジネス担当
snowflake®を中心としたビッグデータ分析基盤のご提供
ビジネスシステム開発担当
金融系の大規模なシステムから業務アプリケーションまで、様々なシステム開発をご提供

アプリケーション開発

アプリケーション開発においては、地場企業様の小規模の案件から金融系の比較的大きな規模の案件まで豊富な実績を有しています。現在はWeb系開発が中心にはなりますが、クラサバ系での開発の経験も多く、金融系システム(クレジット、決済系)、販売管理、BtoBサイト、文教系システムまで幅広い分野での開発実績が強みです。

テクノロジーカットでは、Javaや.NETといったプログラミング言語を中心に、AngularやVue.JSといったフロント開発、WebLogicやTomcatといったアプリケーションサーバーからOracleDataBase、SQL Serverといったデータベースまで精通したエンジニアが多く在籍しています。特にOracleDataBaseにつきましてはOracle認定資格にも注力しており、多くの認定技術者を輩出しています。

ビッグデータ・ビジネスインテリジェンス

ビッグデータ・ビジネスインテリジェンスを利用して情報を分析する現代。
データ分析からよりよい顧客サービスへつなげたり、売り上げアップを目指すなど、ビッグデータを活用する企業も増えています。当事業所では、そんなお客様のデータ分析、レポーティングまで様々な案件に携わっています。

関西ではこれまでOracleDataBaseやSQLサーバーといったオンプレミスでのDWHを構築してきましたが、最近では、snowflake®を中心にさらにビッグデータ分野へ注力しております。snowflakeは、クラウド上で動くSaaS型のデータ分析用DWHフレームワークです。従量課金によるコストの最適化、大規模並列処理による高速化などの特徴を持っており、ビッグデータで注目されているサービスの1つです。

所長の一言

地域事業部長/関西事業所長宮崎 諭

関西事業所は、大阪の四ツ橋に拠点を構えています。四ツ橋は、大阪市内に存在した「堀川の十字交差部」に架橋されていた4つの橋から来ているそうです。 当事業所も、お客様とビジネス成功の架け橋となるよう日々精進しています。
特にビッグデータの分野は今後とも更に力を入れていきたいと考えており、資格取得にも力をいれています。Oracle認定資格は社員数比にして6割近く、主要クラウドに関する資格は4割近く所有しており、またsnowflakeの資格所有者も徐々に増えてきております。 自社のデータを有効に活用したいというお客様がいらっしゃれば、ご相談レベルからご対応させていただきます。
今後ともお客様に寄り添って、お客様のDX化推進の一助になればと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

導入事例

地図・アクセス

関西事業所

【住所】
〒550-0013
大阪市西区新町1-13-3 四ツ橋KFビル10階

【TEL&FAX】
TEL:(06)6539-5502(代)
FAX:(06)6539-5504

【アクセス】
地下鉄四ツ橋線・中央線・御堂筋線本町駅23番出口より、徒歩5分

MAP