複数OSのBOOTシステム開発事例

NTT DATA NEWSON Corporation

マルチコアのSoC環境にて、Linux、iTron、もしくはOSレスなど複数コアに別々のOSを同時に動作させるソフトウェアを開発しています。
例えば、2コアシステムでの実績として、Linuxのコアではユーザ用にGUIを処理させ、NonOSコアではEtherCATを動作させるようなシステムに採用されています。OSがあるコアでは、アプリなど比較的処理速度に依存しない動作をさせ、処理速度にシビアな通信部分をNonOSに処理させることで、システム全体のパフォーマンスが向上します。このような処理は、他の通信機器などでも応用することが出来ます。
BOOT処理はシステムの基点となる処理でOS起動前に処理されるものなので、OSに依存しないシステム開発にも転用できます。

os boot

 

事例開発情報

■ 開発期間:2015/7~2017/12
■ 開発規模:約30人月

 

詳細の内容はメールにてお問い合わせください
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。