intra-mart BPM基盤を活用したMES

NTT DATA NEWSON Corporation

製造現場にて、製造プロセスをマスター化し、作業の着手・完了を制御し、使用する治工具を含めて、全ロットの製造情報をすべて記録し、製品トレサビリティを分断なく実現する「製造実行システム (MES)」を intra-mart BPM にて構築しました。また、製造装置との連携で intra-mart IoT で管理図を常時表示し、迅速な異常検知を行なう事で、品質改善に対応することができます。

BPM MES

BPM MES02作業者・材料・装置・工程をMESに登録し、作業者は加工装置前にあるPCで、自分のICタグと製造ロットについている電子指図書を照合。画面に表示される工程画面にそって作業を実施すると、作業記録がすべて自動保存されます。これら情報からロットトレースレポート等が作成されます。
管理画面ではリアルタイムに管理図が表示され、警告も明確に通知されます。これを基に品質改善に向けて迅速に対応することができます。

 

事例開発情報

■ 開発期間:2016年10月~2017年9月
■ 開発規模:約50人月
■ 開発言語・技術:JAVA、C#
■ 関連技術:intra-mart BPM, intra-mart IoT

 

intra-mart BPM基盤を活用したMES の資料ダウンロードはこちら
【 intra-mart BPM基盤を活用したMES A4リーフレット 】

 

詳細はメールにてお問い合わせください
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 


 ※記載されているロゴ、商品名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。