システム基盤構築・運用

NTT DATA NEWSON Corporation

お客様が利用するシステムが快適に稼働するよう、最適かつ柔軟なシステム基盤の構築をご提案いたします。
サーバー・ストレージ・ネットワーク・クラウド等と、OS・データベース、およびミドルウェアの組み合わせから開発言語まで、システム基盤構築全般にわたるご提案、そして運用サービスのご提供もいたします。
特に、下記の製品群を得意分野としています。

kibanseihin※ 画像クリックで拡大します

 

OSS基盤サポート

 

本サービスは、NTTデータ 先端技術株式会社より当社に業務移管されました

※ OSS = "Open Source Software" とは?(参考)

ソフトウェアには、大きく、OS(基本ソフトウェア)、ミドルウェア、アプリケーション(応用ソフトウェア)という分類があります。NTTデータ ニューソンのOSS基盤サポートは、サービスやアプリケーションを動かすためのOSSソフトウェア環境(平たく言えば「アプリケーション以外」)を「OSS基盤」と呼び、それについて、以下のサービスを提供します。

(1)調査/コンサルティング

OSSに関する内容全般について、お答えします。

(2)保守サポート

ご利用されているOSS製品について、設定のレビュー、ログの解析を行います。 オプションとして、バグ情報やバージョンアップ情報のご提供も可能です。 サポート対象については、個別にご相談下さい。

(3)故障解析

ごく単純な場合を除き、システムの障害や故障は、複数の要因の結果発生します。故障解析では、障害の原因および発生メカニズムを調べることにより問題解決を行います。

(4)プログラム作成

本サービスは、いわゆるソフトウェア製造請負ではなく、上記のサービスの中で必要に応じて行います。作成するプログラムは、シェルスクリプト、C言語プログラム、カーネルモジュールなどになります。

 

◆「OSS基盤サポート」の特徴

  • 対応範囲についてあらかじめ制限を定めません(お話を伺いできることをご提案致します)
  • 豊富な経験を持つOSSの技術サポート経験者、Linuxカーネルの開発技術者が担当します。
  • 必要に応じ、電話会議や打合せを設定します。

◆サポートメニュー

Pacemaker / Heartbeat』のサポート内容は「こちら」をご覧ください。
それ以外のOSS製品については、下記の OSSコンシェルジュ 宛てにご相談ください。

◆費用

「OSS基盤サポート」が提供するすべてのサービスは、お客様のご要件にカスタマイズしてご提供します。そのため決まったサポート料金表はありません。

 

OSSコンシェルジュ

OSSconcierge

OSSコンシェルジュは「OSS基盤サポート」の入り口となります。
お客様よりお話を伺い、お客様のニーズに応えるサービスを選択してご提案致します。
どうぞお気軽にご相談ください。(相談は無料です)

→ このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

開発事例

 

クラウドサーバの構築と運用事例
全80以上のサービスを搭載

 

 

 

※ 【参考】OSS = "Open Source Software"とは?

OSSは、国際的な規格として定められているものではなく、単一の厳密な定義は存在していません。しかし、Open Source Initiativesによる定義、"Open Source Definition"が、共通認識として広く浸透し、参照されています。 

◆◇◆オープンソースの理念◆◇◆

What is "Open Source" software? Generally, Open Source software is software that can be freely accessed, used, changed, and shared (in modified or unmodified form) by anyone. Open source software is made by many people, and distributed under licenses that comply with the Open Source Definition.
(https://opensource.org/faq#osd より引用)

(日本語訳) 「オープンソース」ソフトウェアとは何か? オープンソースソフトウェアとは一般には、誰もが自由に入手し、利用し、修正し、(修正された状態、あるいは元の状態のままで)共有できるソフトウェアである。オープンソースソフトウェアは、多数の人々によって作られ、"Open Source Definition"の条件を満たすライセンスの元に配布される。

◆◇◆定義◆◇◆

「理念だけでは物足りない」という方は、Open Source Initiativesが定めた10項目よりなる定義を確認することができます。

Open Source Initiativesによる定義(原文)
The Open Source Definition | Open Source Initiative

八田真行氏による日本語訳
The Open Source Initiative: オープンソースの定義(日本語)

◆◇◆"Open Source Definition"の条件を満たすライセンスの一覧◆◇◆

内容により分類された一覧を確認することができます。Web Serverとして有名なApache, リレーショナルデータベース、PostgreSQLなどの名前があります。一覧の中で特に有名なライセンスは、GNU General Public License (GPL)で、Linuxを含む多数のソフトウェアはGPLライセンスとして配布されています。これらはすべてOSSとなります。

ちょっと変わったところでは、IPA Font License (IPA)というライセンスがあります。これは日本の情報通信機構 (IPA)が配布しているフォントです。「フォントもOSSなの?」と思われる方があるかもしれませんが、誰もが自由に入手し、利用することができ、(OSSなので)それを元に作成されたフォントも多数流通しており、立派なOSSです。

Open Source Licenses by Category | Open Source Initiative