遠隔作業支援システム

NTT DATA NEWSON Corporation logo

スマートグラスを活用した「遠隔作業支援システム」

smartglass0遠隔作業支援システム」は、作業現場(工事現場・設備メンテナンスなど)に赴いて、 作業実施者がウェアラブルデバイス・スマートデバイスを利用することで、 作業の支援と、監督者が作業状況を共有し遠隔からサポートすることを可能にします。

 

 

 

概要

遠隔作業支援システム」は、作業現場(工事現場・設備メンテナンスなど)に赴いて、作業実施者がスマートグラスやスマートデバイスを利用することで、一連の単独作業を支援する各種機能(タスク管理、マニュアル閲覧、証跡取得、映像・音声ストリーミング等)と、監督者が作業状況を共有し遠隔からサポートすること(ヘルプ要求、テキスト・画像メッセージ)を可能にします。利用者の声を多く取り入れた豊富な機能、使いやすい音声コマンドジャイロマウスなどハンズフリーで作業効率もUPし、品質強化・生産性向上にもつながります。

smartglass

 

 

「遠隔作業支援システム」の特長

 smartglass4

 

特長としては、現場作業の単独効率化の為、現場作業に必要な情報 (手順、マニュアル、作業動画)の提示や必要証跡を取得する「単独作業支援機能」と、遠隔のベテラン技術者とコミュニケーションを取り作業を効率化する「コミュニケーション作業支援機能」の2つにまとめることができます。

 

現場の声を取り入れた、活用可能な多数の機能を搭載

これまで多くの企業で実施してきた実証実験、試行導入の結果を元に現場作業者の声を取り入れ、より運用しやすい機能を追加しています。 現場でニーズの高い「映像・音声ストリーミング」、作業手順の確認および進捗管理を可能とする「タスク管理」、作業証跡を写真・音声・映像で取得し即時共有する「証跡取得」、ハンズフリーで作業に関連するマニュアルを閲覧する「マニュアル閲覧」に加え、「管理者側からのカメラ操作」「映像転送」「メッセージ連携」等も備えました 。また、ネットワークが届かない場所でも「オフライン」で各種機能が利用出来ます。

 

スマートグラスに最適な操作インタフェース

多数の機能を利用するためには、スマートグラスにおいてスムーズに機能を切り替える操作インタフェースが必要です。 本システムでは「音声認識によるコマンド入力」や、頭の動きに追随する「ジャイロマウス」「ジェスチャーコントロール」で直観的に操作することが可能です。それにより、普段は音声でのコマンド入力を行ない、騒音下での作業はジャイロマウスで操作するといったことが可能となります。

 

 

主な機能

タスク管理

作業者はハンズフリーで作業タスクの着手/完了を管理することができます。また、作業の着手/完了はリアルタイムで管理者に共有されます 

マニュアル閲覧

電子マニュアル(動画および静止画)をハンズフリーで閲覧可能です。また、必要なマニュアルを後からダウンロードして利用することが可能です

証跡取得(写真、動画)

作業者はハンズフリーで証跡写真・動画を撮影、保存、共有することが可能です。取得した証跡写真・動画は自動的にサーバにも保管され、後から参照可能です

ヘルプ要求

作業者は不明な作業箇所について目線写真を用いてベテランにコメントを要求できます。コメントにはテキスト、スタンプ、手書きが利用可能です

映像・音声ストリーミング

作業者の目線映像、音声を監督者にリアルタイムで共有することができます。また共有された映像にマーカを付けて細かい指示出しが可能です。
別の監督者へ映像を転送し、複数人が同時に作業状況を確認することも可能です。専門分野の異なる複数の監督者により、幅広い確認観点での支援が可能です

テキスト・画像メッセージ

監督者は任意のタイミングで作業者にメッセージを送信することができます

 

 

適用事例、その効果

smartglass5

 

 


 

遠隔作業支援システム の資料ダウンロードはこちら
【 遠隔作業支援システム A4リーフレット 】
【 遠隔作業支援システム 詳細資料 】

 

遠隔作業支援システム に関するお問い合わせ
モバイルソリューション担当 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 


 ※記載されているロゴ、商品名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。