Production Technology Innovation Professional Service 生産技術革新プロフェッショナルサービス

生産技術革新, TERASOLUNA, SEPG, コンサルティング, 開発プロセス, テスト戦略, 構成管理

アプリケーション設計からテスト・プロジェクト管理にかかわる
プロセスを改善し、効率的で品質の高い開発の実現を支援する、
生産技術のプロフェッショナル

自社のアプリケーションを開発する、となったときにまず明確にしなければいけないことは「なぜ作るのか」「何を作るのか」「どう作るのか」ということです。例えば、社内の基幹システムを開発すると決めるにあたり ”現場担当の一元管理をしたい” や ”エクセルの手入力作業でミスが頻発している” といった課題、要望を洗い出すことがまず必要です。また、TOBEが描けているか、現在の課題を現場から吸い上げてまとめるのか、作るにあたり自社内のエンジニアだけで可能なのか、など作るための工程とその内容も明確にしていかなければなりません。

これは、開発方法がウォーターフォールにせよ、アジャイルにせよ、アプリケーション開発において必ず必要な事になります。

更に、開発したアプリケーションの品質をどのように保証するのか、ということも重要です。リリースする前に不具合を除去し、リリース後にアプリケーションの利用者が不便にならないようにするのは開発者の使命ですが、タイムリーにアプリケーションをリリースすることが求められる中、有限な開発期間で効率的に開発やテストを行うことがとても重要となっています。

そこで、当社に在籍しているアプリケーション開発のプロフェッショナルが、お客様の開発現場のために次のような『生産技術革新プロフェッショナルサービス』をご提供いたします。

ptipro_image3


当社の『生産技術革新プロフェッショナルサービス』は、この図のような体系で進めていきます。アプリケーション開発における開発プロセス、テストといったフェーズや、ITシステムを構成する要素(ハードウェア、ソフトウェア、ライセンスや、ライフサイクルやバージョンなど)を管理する構成管理という切り口を、それぞれ順を追って整理・分析し提案していきます。

  1. 1 アセスメント

    これまでの進め方を診断し、解決すべき問題点を洗い出します。

  2. 2 コンサルティング

    アセスメントの結果から、改善に向けた具体的な方針策定を提案いたします。

  3. 3 手順整備・ツール導入

    方針に基づき、手順の整備、必要なツールの選定と環境構築、メンバへのトレーニングを行います。



それぞれのフェーズで行う具体的な内容とアウトプットは次のようになっています。

フェーズ 内容 技法・アウトプット
開発プロセス 工程やアウトプットを定義して成果物品質を標準化することで、手戻りが少なく開発効率の高い開発を実現します。
  • プロセスモデル(ソフトウェアライフサイクルプロセス、アジャイル)
  • プロセステーラリング技法
  • 標準開発手順、開発ツール
  • レビュー・テスト技法(インスペクション、Vモデル)
テスト 効率的で必要十分な品質保証を実現し、後工程・リリース後のすり抜けバグの発生による手戻りコストの発生を最小限にします。
  • テスト技法(同値分割、境界値分析、デシジョンテーブル、探索的テスト、etc.)
構成管理 アウトプットのバージョン整合性を変更管理によって保つことで、アウトプット間のトレーサビリティを確保し、また誤った資材のリリースによる手戻りを防ぎます。
  • ブランチ戦略
  • 継続的インテグレーション/デリバリー(CI/CD)


当社の『生産技術革新プロフェッショナルサービス』で、お客様の開発現場のお手伝いを二人三脚でご支援させていただきます。