InfoMesh Visual Navigator

NTT DATA NEWSON Corporation

InfoMesh Visual Navigator®」は、機械・設備・ビル・インフラ等の保守・保全・点検作業において、
作業実施者が スマートグラス スマートデバイス を利用して作業中の「目線を共有」することで、
遠距離にいる管理者・監督者から適切なサポートを受けながら作業することができるソリューションです。

IVN001

 

 保守・点検作業での課題

 

課題   要望
作業中に現場だけで対応できない事項が発生すると、再訪となったり、作業時間が長くなったりしてお客様にご迷惑が掛かってしまう。   現場作業者を習熟させるためには多くのコストがかかってしまう。熟練者の指示・アドバイスを現場でリアルタイムに受け取れる仕組みがあれば、若手作業者でも熟練者と同等の作業をお客様先で実施できる。
審査や監査を行う場合、現地作業員だけでなく有資格者が現場へ訪問する必要がある。
有資格者の現地出張調整や、出張にかかる時間、コストを削減し、生産性を上げたい。
  直接現場へ訪問せず、有資格者の拠点にいながらにして現場状況をつぶさに確認できる仕組みがあれば、出張レスでの監査、審査が実現する。
また、一度の複数拠点の監督を行うことも可能になる。
作業者が社外の協力会社など、慣れていない者の場合でも規定・手順通りに作業しているか、作業履歴、作業証跡を確認したい。   作業実施手順を事前にシステム設定し、その手順に沿って作業を行ったり、進捗状況を確認できる仕組みが欲しい。
また、現場の写真撮影や録画をして保存・送信できると事後でも確認できる。
熟練者の退職等に伴い、スキルの高い要員が不足し、教育コストが膨らんでいる   現場作業時にマニュアルやサンプル動画を表示することで、スキル不足の作業者でも作業品質を低下させずに作業できる。
現場では安全・安心が第一。IT機器を使用するにも安全の邪魔にならない機器が必須。   視界を妨げないヘルメット装着タイプのデバイスを利用でき、操作は音声操作で作業の邪魔にならないような仕組みが欲しい。
防塵、防水、耐障害機能を有するデバイスを使用したい。
arrow

smart2

InfoMesh Visual Navigator®
なら解決できます!
 

 

 

「InfoMesh Visual Navigator®」の特長と機能

これまで多くの企業で実証実験や試行導入を行ってきた結果、現場作業者からの声を取り入れて多くの機能を搭載し進化させてきました。

フル音声操作で
ハンズフリー
handsfree

スマートグラスやスマートデバイスの操作は、音声による指示(音声コマンド)だけで行えます。
従って、両手が空き、作業に集中することができます。
また、頭の動きに追随する「ジャイロマウス」や「ジェスチャーコントロール」で操作することも可能。
真のハンズフリーを実現しています。

 

3拠点間での
利用が可能

3kyoten

3者通信機能を備えていて、管理者のいる拠点だけではなく、別拠点のメンバーが同時に映像や参加し映像や音声を共有できる為、現場で起きた問題の解決がより早く行えます。

 

映像の遅延が
少ない
teichien

映像を共有していても、遠隔先での映像表示に遅延があると作業者・管理者間の認識齟齬が起こってしまいます。
本システムではWebRTCによる"低遅延"の技術を実装しておりますので、ストレスなく、リアルタイムに指示を伝えることができます。

 

オフラインでの
利用が可能
offline

本システムはネットワークが届かない地下室や遮蔽物の中でも利用できます(リアルタイム連携機能を除く)。
作業者はスマートグラスにダウンロードされた作業手順やマニュアルを参照しながら指定の作業を行い、画像撮影や録画を行うことができます。撮影した写真や録画した動画はスマートグラス・スマートデバイスに一時保存され、ネットワークがつながった後にサーバ送信されます。
スマートグラスの電源OFF時には、保持したデータは自動消去されます。

 

マルチデバイスmulti

市販されている各社のスマートグラスや、スマートフォン、タブレット等、既にお持ちの機材も有効活用できます。(※対象OSはAndroid OSのみとなります。動作検証済の機器については別途ご確認ください)
またスマートグラスの種類に関しては、軽量タイプから防爆仕様まで様々な対応機種が豊富です。

 

遠隔作業支援システムとしての基本機能は、以下の通りです。

-映像・音声ストリーミング
作業者の目線映像、音声を管理者にリアルタイムで共有することができます。また、管理者は共有された映像にマーカ等を付けて返送する、など細かい指示出しが可能です。
また、別拠点の担当者へ映像を転送し、複数人が同時に作業状況を確認することも可能です。専門分野の異なる複数の監督者により、幅広い確認観点での支援が可能です。

-タスク管理
作業者は作業手順の確認をし、作業タスクの着手・完了を音声による指示で管理することができます。作業の着手・完了はリアルタイムで管理者に共有されます。

-証跡取得(写真、動画)
作業者は、音声による指示で証跡となる写真・動画を撮影・保存し、即時に共有することが可能です。取得した証跡写真・動画は自動的にサーバに保管され、後から参照可能です。

-マニュアル閲覧
電子マニュアル(動画および静止画)を音声操作し、ハンズフリーで閲覧することが可能です。また、準備していないマニュアルを、後から(サーバーから)ダウンロードして利用することも可能です。

-ヘルプ要求
作業者は不明な作業箇所について目線写真を用いて管理者・監督者にコメントを要求できます。コメントにはテキスト、スタンプ、手書きが利用可能です

-メッセージ連携(テキスト・画像
監督者は任意のタイミングで作業者にメッセージを送信することができます

 

活用例

◆総合印刷機器メーカー 様

メンテナンス作業者の目線映像を遠隔地の熟練作業者へ共有し、迅速な問題箇所の特定や故障対応を実施しています。

customer 「修理ご依頼時の保守対応時間が30%削減!」
「若手技術者の技能の底上げを低コストで実現!」
printer
◆ビル設備管理会社 様

本社や支社の監査員が、現場に出張することなく、施工・点検状況を監査しています。

customer 「出張で現地対応していた審査業務がいつでもできるようになり、利便性が大幅に向上!」
build
◆不動産管理運用会社 様

全国に点在する不動産の管理・運用を支援しています。

customer 「日々の点検作業がスムーズに行え、作業者が変わっても同等の作業品質を実現!」
house

 

システム構成

 基本のシステム構成は以下の通りになっています。ivn kousei

 

費用について

構築費用は、お客様の要件によって、ハードウェア/ソフトウェア、サーバー/クライアントの構成が異なります。まずは下記のお問い合わせ先まで、お気軽にご連絡下さい。

 

“スモールスタートプラン” をご用意しました!

まずは1~2台で試しに使ってみたい、というお客様に最適なプランです。
サーバーソフトとクライアントソフト(最大3ユーザ)をセットにして、ぐっとコストを抑え、 月額利用料にてご利用いただけます。(※ご契約期間は1年間からとなります)
利用されるスマートグラスの機器の種類や台数によって費用は変動しますので、 詳しくは弊社または弊社代理店までお問合せ下さい。

 

 


One To One セミナーもご用意しております。下記からご覧ください。
One To Oneセミナー:InfoMesh Visual Navigator®

 

「InfoMesh Visual Navigator®」 の資料ダウンロードはこちら
【 InfoMesh Visual Navigator® A4リーフレット 】

「InfoMesh Visual Navigator®」に関するお問い合わせ
モバイルソリューション担当 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


 ※記載されているロゴ、商品名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。