INTERVIEW03

最先端の技術を学びながら
技術力アップと成長を実感

基盤サービス事業部 クラウド担当

山田 晃平 (KOHEI YAMADA)

2019年入社

1日のスケジュール

9:50テレワーク開始
身支度を終えてテレワーク開始
11:00社内打ち合わせ
タスクについての認識合わせや不明点をチーム内で確認
12:00昼休憩
昼食をとって休憩。ちょっとした家事なんかも休憩中にしてます。
13:00案件業務
朝の続きで業務を実施。不明点などは夕方の打ち合わせで確認。
16:30社内打ち合わせ
タスクの進捗をチーム内で確認
18:50テレワーク終了
チーム内と上司に作業報告のメールを送ります。
  1. Q.1

    Q.1

    業務内容について教えてください

    お客様に快適なIT基盤を提供する「基盤サービス事業部」という部署で、クラウド基盤サービスの構築を行っています。中でも私はAWS(アマゾン ウェブ サービス)を利用した構築を担当しています。入社1年目はわからないことだらけでしたが、実際に業務に携わりながら勉強をしていく中で、「AWS認定クラウドプラクティショナー」と、「AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という資格を取得することもでき、大きな自信となっています。

  2. Q.2

    Q.2

    仕事のやりがいや面白さはどんなところですか?

    AWSって、どんどん新しいサービスが追加されるんですよ。なので、常に勉強し続けて、新しいサービスを吸収し続けなければいけません。とても大変なことではありますが、逆に言えば、勉強した分だけ使える技術が増える。つまり、自分の成長がリアルに実感できるんです。そういう意味でとてもやりがいを感じていますし、私自身、とても楽しみながら取り組めています。

  3. Q.3

    Q.3

    新人社員研修について、どんなことを学びましたか?

    3か月間の研修のうち、最初の2ヶ月は一般的なITスキルです。大学で情報系を専攻していたので、ある程度はできるかと思っていたのですが、基盤・サーバー関係に関しては知識が少なかったのでとても勉強になりました。そして最後の1ヶ月は、実際にチームを組んで、ひとつのシステムを作りました。学生の頃にはできなかった経験だったので、とても楽しかったのを覚えています。
    おかげで、研修期間中に仲良くなった同期とは今でもマメに連絡を取り合っています。最近では同期の多くがリモートワークをしていますし、配属もそれぞれ違うので会う機会は少ないですが、時々オンライン飲み会なんかもやっていますよ。

  4. Q.4

    Q.4

    社内の雰囲気はどうですか?

    業務上の内容はもちろん、業務に関係のないことでもコミュニケーションはありますし、かなりフランクな方ではないでしょうか。先ほども上司と「髪切ってきました」なんてやり取りをしていたくらいです(笑)。
    元々私がNTTデータニューソンを志望した理由として、選考中に面談をしていただく機会があり、とても親身に話を聞いてくれたというのが大きかったんです。普段は会うことのない部長クラスの方とお話しさせていただき、かつとてもしっかり聞いてもらえたことで「雰囲気の良い会社だな」と思い入社したのですが、その時の印象は今も変わっていませんね。

  5. Q.5

    Q.5

    ニューソンへの入社を希望する方々へメッセージをお願いします

    先ほどもお話ししたとおり、私は大学で情報系を専攻していたのですが、それでもわからないことは沢山ありましたし、文系出身の社員もたくさんいます。ですから「ITの知識・経験がない」とか「基盤ってなに?」という方でも、少しでも興味があれば一緒に成長できる場だと思っています。先輩方はみなさん親切ですし、困ったことがあれば必ず助けてくれるので、入社後の心配や不安な気持ちは一旦忘れて、思い切って飛び込んできてください。

INTERVIEW他のメンバーも見る

01

ソリューション事業部 BPM担当

須藤 千賀 CHIKA SUDO

2019年入社

02

アプリケーション事業部 組込開発担当

望月 颯 HAYATO MOCHIZUKI

2019年入社

社員を知る一覧へ