INTERVIEW05

最先端の開発知識と技術を磨き
環境設計・構築・開発まで担う
クラウドエンジニア

基盤サービス事業部 システム技術統括部
クラウド技術担当

柿本 愛実 (MANAMI KAKIMOTO)

2021年入社

  1. Q.1

    Q.1

    ニューソンに入社した理由を教えてください

    入社した理由は大きく3つあります。1つ目は、パブリッククラウドの案件に携われることです。前職ではプライベートクラウドの構築を行っていました。しかし、これからの時代、パブリッククラウドの普及が加速化していくと感じ、パブリッククラウドの構築技術を習得することで、将来的に自分の市場価値を高められると思いました。2つ目に、教育制度が充実していることです。研修制度や資格取得の支援制度が充実している就業環境はとても魅力的でした。最後に、面接の中で『仕事の成果を正当に評価される環境でキャリア形成できる』と感じ、そういった環境で働くことで将来的に自分の市場価値を高められると考えた点です。

  2. Q.2

    Q.2

    業務内容について教えてください

    主要クラウドであるAWS(アマゾン ウェブ サービス)やMicrosoft Azure(マイクロソフト アジュール)というサービスを利用して最適なクラウド基盤環境を提案しています。クラウド基盤を構築したいというお客様の要望に対して、設計、構築を行い、開発時にはプログラミングのようにコードを書いて基盤を作ることもあります。

  3. Q.3

    Q.3

    仕事の面白さ、やりがいはどんなところに感じますか?

    私は入社してまだ日が浅いこともあり、まだまだ知識やスキルを磨いている段階ではありますが、実際にインターネット上でサービスが構築される過程を知ることは面白いですし、クラウドは進化するスピードも早いので、どんどん新しい技術を学び、いかにして新しいサービスとして取り入れるかを考案することにも仕事の楽しさを感じています。

  4. Q.4

    Q.4

    ニューソンに入社してから、ギャップを感じたことはありましたか?

    面接時に、転職理由や不安に感じている点など、正直な気持ちをじっくりと聞いていただけたので、ほとんどがイメージ通りでギャップを感じることはありませんでした。こちら側が気になる点は何度も質問をして、納得のできる返答をいただいていましたし、面接の段階でキャリア形成についての意見も聞いていただいていたので、入社後のイメージを持つこともできました。その時の面接官が今所属する部署の上司なのですが、現在でも、何か不安に感じたり迷ったりした時は、すぐに相談させていただいています。その上で意思決定をするスタイルは、私自身にも合っていると感じています。

  5. Q.5

    Q.5

    ニューソンに入社後、新たに挑戦したことはありますか?

    AWSの資格、クラウドプラクティショナーを取得しました。会社の研修制度を利用しつつ、部署内にあるAWSを実際に触りながら勉強しました。ニューソンの研修制度は充実していると入社前から伺っていたので、絶対に活用すると決めていました。前職にはなかった制度なので今後も積極的に活用して次の資格取得に向けて努力していきたいと考えています。また毎週一度、部署のメンバーが講師を担当する勉強会に参加しています。勉強方法や技術面での意見交換を行っています。

  6. Q.6

    Q.6

    コロナ渦での働き方について教えてください

    現在は自宅でのリモートワークが中心です。私はコロナ禍の入社だったため、新しい環境にすぐ馴染めるのか正直不安でした。対面で会える機会が限られている状況ではありますが、チャットやZoomを活用した日々のコミュニ—ションや月に一度の1on1、週に一度の勉強会等で上司や同僚の方とゆっくり話す機会があります。技術的な質問も、チャット等利用して気軽に質問できるので、今は不安なく働くことができています。

  7. Q.7

    Q.7

    プライベートはどのように過ごしていますか?

    平日は在宅で仕事をしているので、なるべく体を動かすように意識しています。最近はジムでトレーニングすることが多いですね。それと、天気が良ければ登山に行くことも大好きです。挑戦したい山があるのでもう少し体力作りに励んで、登頂を目指したいと思います(笑)。
    同じ部署内にはフィッシングが得意な社員さんもいて、思っていた以上に皆さんアクティブに過ごす方が多いようです。

  8. Q.8

    Q.8

    将来のキャリアビジョンを教えてください

    まず数年は総合的なスキルアップを目標に、会社の教育支援制度を活用しながら、知識と技術を身に付けていきたいと考えています。将来的にはチームリーダーであるPMとして、根気強くパブリッククラウドの基盤開発に携わっていきたいですね。

  9. Q.9

    Q.9

    ニューソンに入社を希望する方へメッセージをお願いします

    コロナ禍での転職活動に不安を抱える方も多いかと思いますが、もし不安に感じることがあれば、私のように何でも質問してみてください。ニューソンには優秀な先輩方が多く、的確なアドバイスをいただくことができますし、3年後や5年後自分がどうありたいのか、先を見据えたキャリアプランを上司としっかり相談して決めることもできます。また、スキルアップを目指している方にとっては、メリットを多く感じる環境だと思います。資格取得支援制度で金銭面でのサポートを受けることができ、研修に参加させていただきながら、学びを得ることもできます。自分ひとりで勉強するとなると難しく感じる人も多いと思いますが、新たな挑戦を後押ししてくれる環境がニューソンにはあります。スキルアップをしながら自己成長に繋げたいという方には、特に相性の良い会社だと思います。

INTERVIEW他のメンバーも見る

06

アプリケーション事業部 第一統括部 金融開発担当

平井 恒HISASHI HIRAI

2019年入社

04

アプリケーション事業部 第一統括部 エンタープライズ開発担当 課長代理

佐藤 洋一YOICHI SATO

2019年入社

03

基盤サービス事業部 クラウド担当

山田 晃平KOHEI YAMADA

2019年入社

02

アプリケーション事業部 組込開発担当

望月 颯HAYATO MOCHIZUKI

2019年入社

01

ソリューション事業部 BPM担当

須藤 千賀CHIKA SUDO

2019年入社

社員を知る一覧へ