INTERVIEW

「万全のバックアップ体制」
&「安心して働ける環境」で
技術力を高めながら、日々精進!

アプリケーション事業部 第二統括部
第三開発担当

東 隆太 (RYOTA HIGASHI)

2021年入社

1日のスケジュール

9:00テレワーク開始
メールやスケジュールを確認し、テレワーク開始。
9:30開発チームでの
打ち合わせ
出退勤状況や周知事項を共有します。
10:00開発業務
担当機能の設計~試験までを実施。
12:00昼休憩
昼食後、集中力回復のために少し仮眠を取ります。
13:00開発チームでの
打ち合わせ
仕様変更が必要な場合などは、他チームも交えて打ち合わせを行います。
14:00開発業務
午前中の業務の続きを実施。
17:00作業報告
トレーナーに、進捗状況の報告や問題点を共有します。
17:30テレワーク終了
メール、スケジュールを確認し、翌日以降の業務をスムーズに進めるための準備を行います。
  1. Q.1

    Q.1

    ニューソンに入社した理由を教えてください

    唐突に、ワタリガニの話をすると驚かれるかもしれませんが、大学時代、私は情報科学部で、「スマート養殖」というIoTを用いたワタリガニの養殖技術を研究していました。あまり馴染みがないかもしれませんが、実は、日本でも注目されつつある技術です。研究分野のみならず、新しいモノやコトに惹かれるタイプなので、クラウドやオープンソースソフトウェア、ビッグデータ、AI、自動運転など、最新の情報システムを顧客に提供しているニューソンと出会った時、「この会社で働きたい」と即座に思いました。この会社なら、さまざまな新しい技術に携わることができ、多様な経験を積みながら、成長できそうだなと感じたからです。NTTデータグループならではの充実した福利厚生も、入社の決め手のひとつになりました。

  2. Q.2

    Q.2

    業務内容について教えてください

    今年7月に配属されたアプリケーション事業部では、ニューソンとしては新たな試みとなるローコード開発プラットフォームを用いた、NTTデータの社内運用システムの開発に携わっています。私は主に、このシステムを利用する方々が最初に行うセキュリティチェックや、ログイン情報を登録するための認証システムの開発を担っています。

  3. Q.3

    Q.3

    新人社員研修について、どんなことを学びましたか?

    開発スキルの研修内容が、想像していたよりも充実していて驚きました。大学では、プログラミングやシステム開発について学んでいたので、楽々とこなせるかなと思っていたのですが、現実はシビアでしたね(笑)。業務を踏まえた超実践的な内容で、苦戦した場面も多々ありました。新人社員研修の3ヶ月間は、ビジネススキルと開発スキルについて、みっちり学ぶことができた有意義な時間でした。

  4. Q.4

    Q.4

    仕事の面白さ、やりがいはどんなところに感じますか?

    ニューソンには、「育成OJT」というメンター制度があります。入社後の3年間、上司や先輩社員がトレーナーとなり、業務を通じてさまざまな支援を受けられる制度で、新入社員一人につき、一人のトレーナーが付くという、非常に贅沢な内容です。私も昨年の入社以来、知識も経験も豊富なベテランの先輩社員の方にお世話になっているのですが、「本当に独り占めしていいのかな?」と今でも思う時がある反面、大変尊敬する方に支えていただけることは、心強いかぎりです。システム開発の工程は、要件を定義して設計を行い、プログラミングを行ったのち、さまざまなテストを経て、最終的なレビューでOKが出たら、ひとつのタスクが完了となります。毎回、トレーナーの方にレビューしていただくのですが、お褒めの言葉をいただける時に大きなやりがいを感じています。それは自信にもつながりますが、トレーナーの方をはじめとする先輩方のバックアップがあってこそできていることですので、感謝の気持ちを忘れずに、さらに技術力を磨いていきたいです。

  5. Q.5

    Q.5

    ニューソンに入社してから、ギャップを感じたことはありますか?

    育成OJTをはじめ、ニューソンではさまざまな支援体制が充実しています。正直に言うと、ここまで手厚い支援が受けられるとは思っていなかったので、この点については、いい意味でのギャップを感じました。ニューソンは、穏やかで活気に満ちた雰囲気の会社で、分からないことや困ったことがある時は、上長や先輩社員の方にも、直接相談できる環境が備わっています。どの方も親身になって教えてくださいますし、安心して働ける環境で、充実した毎日を過ごすことができています。

  6. Q.6

    Q.6

    コロナ禍での働き方について教えてください

    リモートワークが基本になっています。これまで先輩方のサポート的な役割を担うことが多かったのですが、最近では、自身が主体となって進めるタスクを任せていただけることも増えました。あらゆる業務について言えることだと思いますが、システム開発も、チームでの連携が不可欠です。実務を進める中でさまざまな課題も出てきますし、急遽、話し合いが必要になることもあります。その中で、いかにスケジュール通りに作業を進め、タスクを着実にこなしていくのが難しいかということを、日々痛感しているので、今後は、スケジュールをもっとうまく管理できるよう努めていきたいです。ひとつだけ、リモートワークの悩みを挙げるとしたら、先輩方や同僚とじかに会えないことですね。先日、社内の若手社員が集まるオンライン懇親会があったのですが、こうした集まりに参加すること自体が久しぶりだったので、舞い上がってしまいました。とても楽しい時間でしたが、少し飲みすぎてしまったので、記憶がおぼろげです(笑)。今、一緒にお仕事しているチームの方々とはもちろんのこと、入社後の新人研修以来、会えていない同期もいるので、コロナが落ち着いたら、顔を合わせてお酒を飲みながら、思う存分お話したいです。

  7. Q.7

    Q.7

    プライベートはどのように過ごしていますか?

    最近は、自宅で筋トレに励んでいます。元々、外に出て遊ぶタイプではなく、あまりにも運動不足で痩せすぎというのもあって、上半身に厚みをつけたいと思い始めました。今では、仕事を終えた後や休日に、腹筋ローラーを使ったトレーニングを行うのが習慣になっています。ようやく大学で運動していた頃の体つきに戻ってきたかなという感じですが、もっと鍛えて、好きな洋服を着こなせる体型になりたいです。

  8. Q.8

    Q.8

    ニューソンに入社を希望する方へのメッセージをお願いします

    システムエンジニアという職種について語られる時、「文系出身の私でも、大丈夫ですか?」という問いがよく出てきますが、大学で何を勉強したかということは、あまり気にする必要はないと思います。現に、私のチームにも、文系の出身で活躍している方が何人もいますし、プログラミングの初心者だったとしても、先にもお話したように、ニューソンは支援体制が充実した会社なので、実務を行う中で、必要なスキルを身につけていくことができると思います。ただひとつだけ、アドバイスできることがあるとすれば、自分がプログラミングに向いているかどうかは、慎重に見極めていただきたいなと思います。おそらく大学では学んだことのない特殊な技術なので、プログラミングの工程を紹介するユーチューブの動画など、参考にできるものをたくさん見て、判断されることをおすすめします。その上で、「ニューソンで働きたい」と思うなら、安心して入社してください。「もっと頑張りたい、成長したい」と思える環境で、のびのびと働けること、間違いなしです。

INTERVIEW他のメンバーも見る

川本淳子

経営企画部 経営戦略担当 担当部長

川本淳子JUNKO KAWAMOTO

2007年入社

大賀美咲

人事部 係長

大賀美咲MISAKI OHGA

2018年入社

吉竹 穂実

アプリケーション事業部 第一統括部 エンタープライズ開発担当

吉竹 穂実HONOMI YOSHITAKE

2020年入社

皇甫明月

基盤サービス事業部 OSSプロフェッショナル部 OSS技術担当

皇甫明月MEIGETSU KOUHO

2015年入社

新里 迪弘

デジタルソリューション事業部 DX統括部 オファリング推進担当

新里 迪弘TADAHIRO SHINZATO

2020年入社

平井 恒

アプリケーション事業部 第一統括部 金融開発担当

平井 恒HISASHI HIRAI

2019年入社

柿本 愛実

基盤サービス事業部 システム技術統括部 クラウド技術担当

柿本 愛実MANAMI KAKIMOTO

2021年入社

佐藤 洋一

アプリケーション事業部 第一統括部 エンタープライズ開発担当 課長代理

佐藤 洋一YOICHI SATO

2019年入社

山田 晃平

基盤サービス事業部 クラウド担当

山田 晃平KOHEI YAMADA

2019年入社

望月 颯

アプリケーション事業部 組込開発担当

望月 颯HAYATO MOCHIZUKI

2019年入社

須藤 千賀

ソリューション事業部(※) BPM担当

須藤 千賀CHIKA SUDO

2019年入社
※組織名等はインタビューの2020年当時のものです。

社員を知る一覧へ